新築で家を購入。外回りが別途で思ったより高かった。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回ご紹介するのは新築購入後の外溝工事です。新築で家を購入したけど・・フェンスや門、コンクリートの土間やポストが別途だった。新築業者に見積もりを依頼したけど・・・「ええ・・こんなに高いの??」

土間コンクリート、白色砕石、アプローチ工事、タイル工事含め税別 79万円です。

工事前

大手建築会社の見積もりより約30%安い見積もりに今回はなりました。しかし、安いだけではなくしっかりとした工事がお客様もご希望でした。中間マージンをなくす事で工事費を抑えて品質の高い工事を目指します。コンクリートと砕石分の厚さ約15センチの土の撤去作業です。

工事中

約15センチの土を撤去しました。水道メーターや排水のマスの高さを調整します。コンクリート土間の仕上がり高さや勾配にあわせます。微妙な作業となりますが、大切な工程です。

工事中今回は土間のアクセントにレンガを使いました。コンクリートのヒビ防止の役割もあります。ここでも仕上がりと同じ高さにレンガを並べます。

レンガ工事12箇所アクセントを付けました。金属メッシュも引き込みました。明日は朝からコンクリートの工事です。

レンガ工事2いよいよ、生コンを流していきます。今回は約30㎡の面積です。10センチの厚さにコンクリートを流します。約3.5㎥の生コンを使います。

生コン4人で手際よく生コンを運びます。時間との戦いです。トンボでならしながら仕上げます。

生コン生コンが入りました。これからはコテで仕上げていきます。

生コン金属でないコテで始めならします。その後水分が少なくってきた所で金属コテ(仕上げコテ)を使って作業します。色が違う部分が解ると思いますが、色が濃い部分が仕上がっている場所です。足跡がつかない様にベニア板を使って移動します。

左官作業今回はコテ仕上げ仕様ですので、合計3回左官作業を行いました。ハケ仕上げの場合は左官作業は2工程です。その後ハケで模様を付けます。

左官作業コンクリート工事が完了しました。立ち入り禁止です。車は約4日間停める事ができません。人が歩く程度でしたら翌日から可能です。

左官作業家の周りも泥だらけでしたので、白色砕石を引きつめる事にしました。砕石は5cm以上の厚さをで巻きますと雑草などが出にくくなります。雑草防止シートも効果的ですが、砂利を厚めに引いたほうが歩いたカンジが良いです。

白色砕石仕上がりはこんな雰囲気になります。

白色砕石

家の周りに全て白色砕石を巻きました。これで雑草や泥を防ぐことができます。

白色砕石

土間工事に伴い、階段も1段追加しました。ブロックで形を作ります。

ブロック階段

ブロックで形を作り、コンクリート工事が完了しましたので階段の仕上げに入ります。コンクリート工事後の方が汚れずに作業ができます。

ブロック階段

高橋がタイルを貼っています。新築でしたので同じタイルがありました。お客様が品番を教えてくれたので大変助かりました。品番が解らないと、探すのが非常に大変なのです。

ブロック階段

階段が完成です。

ブロック階段

階段が終わり、全ての工事が完了しました。工事期間は約1週間です。コンクリート土間工事、ブロック階段タイル仕上げ、白色砕石、郵便ポスト取り付け。今回の工事内容です。