スレート屋根の塗装は当社ではおススメしません。

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回は屋根の塗装についてお話します。戸建ての屋根で1番多い材質がスレート屋根。カラーベスト屋根です。汚れが付きやすく割れ安い屋根材です。多くの塗装店やリフォーム会社はこの屋根材を塗装する事を進めますが、当社では出来る限り塗装はしないようにお客様に進めます。それは・・・なぜ?

それは屋根材の対応年数があるからです。

下記の写真は屋根材メーカーのケミュー株式会社HPから抜粋しました資料です。簡単に説明しますと、約30年カラーベスト屋根は耐久する。当社でも35年から40年はカラーベスト屋根は大丈夫だと考えています。また、面白いのが、メーカー作ったメンテナンススケジュールに塗装しなさいって、一言も書いてありません。じゃあ、なぜ、塗装専門店やリフォーム会社は塗装したほうがいいと言うのでしょうか?売り上げが欲しいからなのか?やはり、屋根と壁両方塗装したほうが売り上げが上がります。屋根は塗装しなければならないって思い込んでいるでしょうか?屋根の雨を防ぐ方法は塗装でなく、屋根の構造で行っていると言う建築の基本を知らないなど考えられますね。

結局カラーベスト屋根を塗装しても屋根本体の耐久は上がらない。

私も、カラーベストの屋根を塗装していて、感じることがありました。スレート屋根系はお菓子で例えると「ミルフィーユ」みたいにうすい板がいくつも重なって出来ています。築20年を過ぎたスレート屋根を塗装していると表面はキレイでも小口(屋根材の横)から水がしみ込みふくれていることもあります。いくら表面にいい塗料を塗っても塗装した面の下から痛んできたらどうする事も出来ません。また、塗装で屋根材の下にある防水シートを塗装で絶対保護できませんよね。屋根の雨を防ぐ1番の要は「ルーフィング」といわれる防水シートです。このシートが劣化すると雨漏れしやすくなりますよ。

 

塗装したつもりで費用を貯めておきましょう。

結論ですが、カラーベスト・スレート屋根は塗装してもしなくても耐久性は変わりません。ただ、美観(汚い・きれい)で壁がきれいに塗装されると屋根が目立つことがあります。どうしても美観が気になる方は塗装してもいいと私は思います。美観は気にならないって方は、塗装したつもりでリフォーム代を貯めておき、屋根張替えリフォームに備えてはいかがでしょうか?

まとめ

スレート屋根を塗らなくても大乗って事がお解かりになりましたか?結局塗装してもしなくて、35年前後で張り替えをしなければならないって事です。当社では必ず、この話をお客様にします。汚いのが嫌って言うお客様もいますので、塗装を行う場合もあります。塗装したから屋根が長持ちするって思わないで下さい。また、あくまでも、スレート・カラーベスト屋根のお話しです。余談ですが、時々「瓦屋根屋根を塗装」している家を見ますが・・・(笑)

 

 

もしも外壁塗装のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!