屋根のメンテナンスって?

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。

よく、お客様から「新築後10年近くなるけど、メンテナンスとか修繕とかどうすればいいの?」とか

「どのタイミングでリフォームすればいいの?」とか

質問されるケースがあります。

家のメンテナンス講座をこのブログでご紹介したいと思います。

今回は屋根のメンテナンスに付いてお話します。IMGP6395

外壁や屋根は雨風をしのぐ重要な部分です。

特に屋根は直射日光や雪、霜など

自然力が1番のしかかる部分であります。

汚れが気になったり、

コケが生えたり。

特に北側の屋根はどこのお宅も屋根は汚れている場合が多いですね。

また、汚れてくると「防水上問題ないのか?」

「雨漏れしないのか?」なども気になると思います。

屋根のメンテナンスについては、

どんな屋根材で屋根が噴いてあるのか?

屋根の勾配(角度)はどうなのか?に

よっても違ってきますので、

材料別にご紹介したいと思います。

 

①スレート屋根(カラーベスト屋根)

セメントを薄くして表面を塗装したような材料です。

約10年前のスレート屋根材には「アスベスト」が入っていました。

現在ではアスベストの使用が禁止されています。

利点は、安価で瓦より軽い。

多くの住宅に使われています。

欠点としは割れ易い。

表面の劣化が早いです。

通常ですと特にお手入れは必要ありません。

汚れが目立っても築20年ぐらいは雨漏れなどの心配もありません。

このスレート屋根材は30年ぐらい使いますと、

塗装できない状態になります。

表面がボソボソになり

お菓子のミルフィーユのように何層にもなっている

屋根材が剥がれてきます。

塗装してもスグに塗料が剥がれます。

ですので、屋根の張替え時期になります。

では、10年間隔で塗装をすれば、

屋根を張り替えなくてもいいのでしょうか?

答えは「いいえ」です。

訪問販売のリフォーム営業が

「良い塗料で塗れば雨漏れしない」とか

言います。

確かに屋根の表面はキレイになって雨水の流れもいいと思いますが、

防水は塗料で行うものではありません。

屋根の構造(屋根材のしたの防水しーと。ルーフィング)で

行うものです。

いくら塗装しても

やはり新築後30年も経てば屋根の張替え時期が来ます。

ですので、当社では無理に屋根を塗装する事をおススメしません。

美観の問題(屋根が目立つ。屋根が汚いのが嫌い)で

塗装する場合はいいと思いますが、

防水問題で塗装するのであれば、

塗装したつもりで貯金して頂き、

屋根を張り替える費用にした方が私はいいと思います。

②金属屋根(ガルバニューム屋根)

その名前のどうり金属製の屋根です。

一昔前は金属屋根といえば、

トタン屋根が多かったので、

いいイメージがない方が多いと思いますが

、今はデザインもスレート屋根と

同じ様な感じで、

色も豊富にあります。

長所としては、軽い・割れない。

ずれないが大きな特徴です。

短所は2階が暑いなり易い(断熱材が付いている金属屋根材もあります)

雨の時に雨音が気になる(

当社のお客様からこのようなクレームはありません)などです。

お手入れ・メンテンスは特にありません。

ソデノ建装では屋根の張替えは金属屋根材でしか行いません。

高耐久で割れない・ずれないとスレート屋根と

性能が違います。

屋根の張替えを検討している方は是非、調べてください。

③瓦屋根

平瓦・洋瓦・S瓦など種類があります。

約1400年前から日本の建築に使われていたとも言われています。

和瓦ですと100年耐久などと言われています。

実際家内の実家(新潟五泉市)の家では部分的ですが、

約80年実際に使っています(建替えをして使い直しています)とは、

言っても瓦の下にあるルーフィング(防水シート)は

瓦屋根でも金属屋根でもスレート屋根でも同じです。

30年に1回は瓦屋根の場合、

葺きなおしが必要となります。

一口メモ・屋根は悪徳リフォーム会社の得意技

私の自宅兼事務所のお隣さんの家は瓦屋根です。

当然、当社のお客様です。

ここによく、訪問販売のリフォーム屋がピンポンとやってきます。

口をそろえて「瓦屋根がずれています」って言うのです。

するとお隣さんは、私のところに助けを求めてきます(笑)。

私は営業マンに「どこがずれているのか教えてくれ」

「私が直すから」と言うとそそくさと退散します。

すでに3社きました(笑)。

「屋根がずれている」

「スレート屋根材が浮いている」

「近所で工事していてお宅の屋根を見たらヒビが入っている」とか

不安をあおります。

そして・・・「いまなら無料で直す」

「無料で点検する」など親切を装って、

甘い言葉巧みに、屋根に上がろうとします。

「無料ならお願いしようかしら」と

一旦、屋根に上がらせてしまうと

「張替えしないと家がダメになる」

「痛みがすごいので今すぐ塗装しましょう」

など言っています。

全てが悪い業者ではないと思いますが、

営業マンがいる会社は

どうしても工事費用が高額となりますし、

職人のレベルも低いです

。不安や不満が残ったまま、

リフォーム契約をしないで下さい。

お願いします。