フローリング床を床暖房で暖かくしたい。

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。

今回は床暖房工事。暖める方法や費用を

簡単にご説明します。

床暖房は直接温風でお部屋を暖める事ではありませんので

優しい暖かさとなります。

また、ホコやチリなどが、お部屋へ循環しない。

室内の結露対策にも効果的です。

燃焼させないので、臭いもありません。

しかし・・

温まるまで、時間が掛かりますので

朝、急いで部屋を暖めることは、出来ません。

床暖房には2種類の方法があります。

ガスなどで液体を温める「温水式」

電気カーペットと同じ構造の「電気式」

2種類があります。

それぞれのメリット・デメリットを

当社の工事事例と共にお知らせします。

温水式床暖房とは?

電気式でも温水式でも床下には必ず「断熱材」を入れましょう。

都市ガスやプロパンガス等で専用給湯器から

温水を送り、床を温める方式です。

写真は温水式床暖房の配管工事と

床下断熱材を入れています。

給湯器から床を暖める場所へお湯を送る配管が必要となります。

温水式床暖房のメリットは

都市ガスで温める場合、特に日中は

温水式床段暖。シルバー色のシートの中を温水が流れます。温水型もパネル形状の物が安価だと思われます。

ランニングコスト(使用料金)が比較的安価である。

広い部屋や家全体を暖めるのに適している。

寒い地域ですと、床暖房を使う時期が長いので

電気式より冷めにくいので適している。

では、デメリットは・・

設備器具が高い。

設置費用が高い。

どうしても、電気式より

工事費用が高くなってしまいます。

温水式床暖房の上にフローリングを張ります。

また、循環する液体などを定期的に点検する作業もあります。

費用ですが、8畳 約12㎡のおおよその価格

専用の給湯器や配管で約40万

新しいフローリング・断熱材などで約20万

合計60万円前後だと思われます。

給湯器は1台で、数部屋使うことが出来ますので、

床暖房の部屋が増えると、多少安価になります。

工事期間は3日~4日で完成します。

 

電気式床暖房とは?

電気で床を暖める方式です。

黒い部分が暖かくなります。部屋の隅まで、シートをひかなくても大丈夫です。

ホットカーペットと同じです。

最大のメリットは

工事費用が安いことです。

また、工事日数も1日~2日で完了します。

写真の様にシートを並べて

専用ブレカーに繋げ、フローリングを

上から張れば完成です。

では、デメリットです。

大きな衝撃を床に与えると電気がショートする。

ただし、フローリングを突き破らないと大丈夫ですので

普通の生活では大丈夫ですね。

水などを大量にこぼした場合は

電源を止める。乾かしてから

電源を入れる。

東京近郊にお住まいの方でしたら

私は、断然電気式をおススメします。

省エネタイプの電気式床暖房も多数でています。

エアコンやストーブを併用することで

寒い日でも、対応出来ます。

また、タイマーを使い

深夜電力で床暖房を暖めておくことも出来ます。

気になる、電気式床暖房の価格ですが、

費用ですが、8畳 約12㎡のおおよその価格

電気式床暖房ユニット、おおよそ15万

新しいフローリング・断熱材などで約20万

専用ブレーカー工事が約5万

合計50万円前後だと思われます。

床暖房の工事で必ず確認すること。

温水式でも電気式でも必ず、

工事業者に確認してください。

床下の断熱材を必ず入れる。

発泡タイプの断熱材です。

床暖房の暖かさを床下に逃がさない為です。

これを入れないと、

あまり、床が暖かくならない原因となります。

出来れば、断熱材は発泡タイプの90ミリが理想。

また、床暖房シートの下に

断熱シートいれ、2重に保温することをおススメします。

床暖房対応のフローリングにする

床暖房対応のフローリングでないと

熱で床が反ってきたり、

隙間ができたりします。

また、床暖房に対応している物は

堅いフローリングですので、暖房シートを

保護する役割もあります。

各メーカー色々な対応フローリングが出ていますので

ご検討下さい。

また、工事で使う接着剤も

床暖房に対応している物を

必ず、使ってください。水性の接着剤は避けて下さい。

電気式の場合は、

200ボルトと100ボルトの製品があります。

ご自宅の電気の契約アンペアを考えながら

決めてください。

出来れば200ボルトが性能的にいいと

私は思います。

ご参考にどうぞ。