愛犬とお庭、お花が好きなお客様のウリンデッキ工事

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回ご紹介する工事は「デッキ工事」です。こちらのお客様は外壁、内装、外溝。またご実家の工事まで当社が行っている方です。お付き合いが長いので、好みが良く解かります。ですので細かい箇所までこだわったお庭の工事となりました。お庭のお部屋から愛犬が出られるようにします。もちろん愛犬の足に優しいウリン材を使います。雑草防止と湿気対策でデッキ下はコンクリートで固めました。

デッキ工事とフェンス工事で55万円(税別)です。工事は1週間で終わりました。ご参考にどうぞ。

今回使用する材料も当社が得意とするウリン材です。今回は床板が特別に120ミリ幅の板が安く仕入れる事が出来ましたので特別に100ミリ価格で125ミリの板で工事が出来ました。巾が広いとこれはこれでカッコいいです。

建物の床高にあわせてデッキの床の高さを調整します。まずは骨組みを組んでいきます。

骨組みが終わり、床板作業に取り掛かります。デッキは組み立てながらオイルステインで塗装します。塗装色はいろいろ選ぶ事が出来ます。今回は1番濃い色。マホガニーで着色しました。1番人気のある色です。

今回はデッキ中央に植木を入れる事になり、植木の周りをデッキ材で囲います。一応、植木を照らす照明も電気も使えるようにしました。

デッキが完成しましたので、塗装作業を行っています。白いフェンスをつける予定ですので、なるべく濃い色に仕上げました。

今回はフェンス選びにかなり時間が掛かりました。お庭のリフォームで1番重要なのが部材選びです。写真で見るのと現物がかなり違っていたり・・イメージに合わなかったり・・価格が高額すぎたり・・今回もFRPで特注するつもりでしたが・・予算があわない事。イメージどうりに製作できない理由で・・・かなり僕が探しました。しかし・・探した甲斐がありイメージも予算もOKな品物を見つける事が出来ました。

このフェンスはアメリカ製でオーダー作製。納品に約3週間かかりました。今回は特別に社長さんに届けて頂きました。しゃれたハイラックスでの納品。トラック好きな高橋と僕は・・フェンスじゃなくトラックに夢中です(笑)

このフェンスはプラ製ですが、かなり丈夫です。また、取付も写真のような鉄骨のフレームを作って頂いたおかげでデッキ本体を加工しなくても取り付けできます。また、取付方法も社長からの指示を頂きとても簡単に施工できました。30年保障も付いています。

フレームと柱の取り付けが完了。ここから板をはめていきます。写真奥はドアが付きます。なんとこのフェンス、ドアも同じもので特注できるのです。多分国内メーカーの半額以下だと僕は思います。

かなり出来上がってきました。この時点で・・・お客様はおお喜び。

細かい部分の仕上がりまで終わりました。手前の小さなフェンス部分も事前の打合せが上手くいき・・きれいに仕上がりました。このフェンス輸入販売している社長も自ら工事を行っていますので・・現場での説明が非常に解りやす買ったです。さすが職人ですね。このフェンス・・・思った以上にボリュームっていうか迫力がります。デッキには非常に相性がいいと思います。工事は1週間で終了。

もしも外壁塗装のことでデッキ工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!