屋上のシート防水工事を検討されている方へ

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回は防水工事のご紹介です。防水工事と言っても色々な工法がありますが、その現場に1番あった工法を選ぶのがいいかと思います。もちろん価格も大切です。6畳(約10㎡)以上の防水の場合、25年以上経過している場所ですと防水保護塗装だけでは雨漏れを防ぐ事は出来ません。シートなどを張替えて防水することが大切だと思います。当社では防水工事に関してメーカーの専門施工でメーカーが10年保障いたしますのでお客様は安心できると思います。

ウレタン仕様で防水された建物屋上です。雨漏れがひどく室内の天井まで傷んでしました。予算もあり防水工法も色々悩みました。今回の工法は「通気性がる防水工事」です。なぜ、通気性が必要なのか?それはこの屋上には空気の抜ける「脱気筒」がありませんでした。このことで夏場屋上床温度上昇で内部の空気が膨張することで防水膜にいい影響を与えていなかった事も考慮して「内部空気が抜ける」工法を選びました。

既存のウレタン防水を撤去した後に、新しい防水の接着性やヒビ補修を防ぐために下地にモルタル系材料で下地を新しく作りました。

特に雨漏れしそうな部分は念入りに作業します。屋上のフェンスやカサギもすべて取り外して確認して防水します。

屋上手すりの台座にもファイバーテープを入れて補強します。

お客様が1番心配していた、屋上排水部分です。この写真は工事前の物ですがこの部分はすべて交換します。防水工事は完全に雨水を遮断する100点を目指す工事ですので疑いがある箇所は徹底的に直します。これが当社の流儀です。

排水部分は水が流れるダクトまで一体化してる部品を使う事で水漏れを防ぎます。煙突みたいなものは空気を抜くものです。

取付後はファイバーテープで補強します。ここまでやれば安心です。

 

下地調整やファイバーテープ作業が終了しましたので、接着性を高めるシーラーを屋上全体に施工します。

シーラーが完全に乾燥しましたので通気シート工事を行います。この通気シートですが、ほんの少しの雨や水があると工事できません。お天気との戦いです。

このシート両面テープみたいな感じで・・剥がしながら屋上に張り付けていきます。

通気シートってどこに空気が通るのか・・・不思議ですよね。写真だと解りにくいですが、光っている部分が接着。光っていない部分が通気部分。この部分を通って空気が抜けていきます。

ローラーを使ってシートを接着させます。

通気シートの工程が完了。ここまでで約4日間の作業です。

シート作業が終わりましたので、ウレタン作業です。防水効果を高めるためにウレタンは2回塗りが基本です。この写真は2回目塗装です。

排水部分もきれいに仕上がりました。ゴミよけもプラ製にしました。金属製はサビが出ますのでプラ製に変更しました。

工事が無事に完了しました。約1週間の工事。真ん中の煙突は空気ダクトです。

指定店工事でメーカー保証10年が付きます。通気防水工事は約6間。費用は㎡25000円。この現場で廃材、カサギ脱着、手すり脱着などすべてコミコミで145万円。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも外壁塗装のこと防水工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です