1981年。昭和51年6月1日以降の建物をなるべく選びましょう。

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っている

ソデノ建装のソデノです。

今回は中古物件の購入を検討されている方へ

どんな物件がいいのか・・

リフォームの視点からお話しいたします。

耐震基準って知っていますか?

建築基準法で建物の耐震基準を大幅に上げたのが

昭和51年6月です。

ですので、「建築確認済証」の交付日が

昭和51年6月1日以降の建物ですと

おおむね安心できる建物だと思われます。

増築されていないか?

これも大切ですので

購入の際には必ず、ご確認下さい。

増築部分の耐震がよくない場合もあります。

木造の場合は、阪神淡路震災後により耐震が強化されましたので

2000年。平成12年6月1日以降の

「建築確認済証」の交付ですと

耐震に関しては全く問題ないと

私は思いますが・・・

子供の通学、ご主人の通勤。

町の雰囲気。日当たり。

防犯。家の大きさなどなど・・・

家を選ぶ基準って

色々ありますので

あなたにとって、家を選ぶ為の

優先順位を家族でご相談下さい。

私の事務所兼自宅は昭和47年に建てられていますが

耐震はリフォームでかなり強固な家になりました。

古い建物でも

いざとなれば、リフォームできます。

また、中古住宅にはリフォームは付き物です。

では・・・

どんな中古住宅がリフォーム向いているのでしょうか?

中古リノベーションに適した木造建物選びのコツ

建物は立地条件は変えることが出来ません。

駅から遠い。日当りが悪い。駐車場がない・・などは

なかなかリフォームで解決することができません。

ここではリフォーム適した建物を私の経験から

皆様へアドバイスいたします。

下屋が多い建物

右の写真の様な1階部分の屋根が多い家はなるべく避けましょう。

なぜか?

もし、耐震補強工事する場合に

費用が掛かる事が多いからです。

1階の壁と2階の壁が垂直になっていない箇所の

補強工事には手間がかかり、費用がかさみます。

昭和51年以後の建物なら問題ありません。

古い建物で下屋が多い建物にはご注意下さい。

瓦の家

屋根が瓦の建物にも注意しましょう。

屋根は築30年~40年で葺き替え(屋根を新しくする)

工事が必要となります。

昭和51年以降の建物でも

屋根の葺き替えは必要となる場合があります。

瓦屋根の葺き替え工事は

瓦を下ろして、捨てる費用が大幅に掛かります。

出来れば、スレート屋根(カラーベスト屋根)の

家をお選び下さい。

地盤が沈下している。基礎が割れている建物

基礎や地盤をリフォームすることは

事実上出来ない工事と思ってください。

出来ない事はありませんが

新築と同じ様な費用が発生する事があります。

写真の様に基礎に亀裂が入った建物は避けましょう。