駅前に家が欲しかったお客様。価格とデザインの両立リフォームを実現

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回ご紹介するリフォーム工事は中古住宅を購入。駅の近くをお探しですが、価格で折り合いあわず、色々探していたそうです。築年数は古いのですが駅の近くで価格もお手頃な物件が出ました。実は、契約前に私とお客さんでこの現場を見に行きました。私が簡単にプランを説明すると「ソデノさん、僕ここ買います」って。かなり驚き、不動産業者がいなくなってから、「しっかり考えてください」とアドバイスしましたが、お客様も色々現場を見ていて、ここしかないって感じたようです。そして、購入されました。

工事費用は399万円(税別)です。

築35年。昭和なカンジの家です。こちらのお客様はアパレル系のお仕事で、カッコいい内装を求めていらっしゃいました。まあ、私にはデザインするセンスなんて全くありませんので、ネットで建築費用が安そうでカッコいいような試料を集めて、提案させていただきました。

ここはキッチンから和室をみた所です。床も壁も古いカンジですね。

お風呂です。ここも古さをかなり感じます。

和式のトイレ。もちろん洋式に変えます。

洗面所とお風呂がアコーディオンカーテンで仕切られていました。結構すごいですね。

まずは、壊します。出来る範囲で壊します。ゴミも大量に出ます。この写真はお風呂の解体です。

こちらからトイレが見えるほど壊しました(笑))ここで大切なことをします。耐震補強するのです。内装がほとんどない状態ですので、自由にステンレスワイヤーで補強が出来ます。また内装は12ミリベニア(耐震ベニア)で壁を作りますので、現状より強固な家になると思います。当然、柱は1本も外しませんし、移動もしません。

浴室、洗面、トイレ付近の壁もすべて撤去しました。電気配線もここですべて点検します。

ステンレスワイヤー耐震部材です。ここで4箇所、ワイヤーで基礎と2階梁を接続します。

高橋が2階床下の梁にワイヤーの接続工事を行っています。

この金具にワイヤーを接続します。

土台を貫通して基礎まで接続しています。地震で基礎と土台、2階の梁が外れるのを防ぎます。

浴室はこれから内部にすべてベニアを張ります。土間コンクリートは10センチの厚さです。

水道管が腐っていましたので、屋内はすべて交換です。この工事はサービス工事としました。それは、事前に客様に説明できなかったからです。ですのでこのまま収める訳にはいきませんので当社が費用を負担しました。

キッチンは対面式です。カウンターの骨組みを作っています。

ユニット浴室の工事も始まりました。

ユニット浴室工事完了です。

工事前の2階です。

工事後

トイレ完成。

洗面所完成

キッチン完成。

リビング完成。ラーチベニアでそのまま仕上げました。内装(壁紙)工事をしなかったので安価になりました。また、ラーチベニアが安いのも選んだ理由です。

玄関付近から階段です。

リビングから廊下写真。これが工事前、和室だったとは思えませんでしょ。

外装は塗装しました。黄色系。

私とお客様の記念写真です。お客様は本当に喜んでいました。ここまでカッコよくなるとは思っていなかったみたいです。今後とも宜しくお願いします。

 

もしも外壁塗装のこと中古リノベーション工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です