瓦屋根を軽い金属屋根に張り替える工事の紹介です。

築30年。耐震をお考えで和瓦を

金属瓦に葺き替える事になりました。

また、金属屋根にして「太陽光発電パネル」も乗せます。

金属屋根は約30年間メンテナンスが

必要ないといわれていますので、

太陽光にはもってこいの屋根です。

屋根リフォーム工事瓦屋根から金属屋根へ交換リフォーム工事

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。。

今回の工事、瓦撤去、下地処理、金属瓦すべて含んで税別180万円でした。

和瓦で等級2の家だったとします。

この家を和瓦を葺き替えて

金属屋根にした場合それだけで、

耐震等級が上がり最大の等級3になります。

耐震等級が3になれば震度7強の地震がきても

倒壊、破壊しない家になります。

ですから、和瓦の場合は瓦以外の屋根材に

交換することをオススメするのです。

しかも費用は耐震補強工事の

3分の1から4分の1で済むことがほとんどです。

ハシゴにウインチがついている物で瓦を下げます。

屋根作業は天候との戦いですので・・

大人数で短時間で作業します。

約45坪の瓦を7人で撤去しました。

瓦はまだまだ使える物でしが、

下地の場ニアや防水シートは交換の時期でした。

ほこりが多く、屋根はかなり滑る状態で作業が難しいです。

防水シートははがしませんので多少の雨は大丈夫かもしれませんが、

用心のためにブルーシートで屋根を覆います。

1日目の作業はこれで終了。

二日目は下地べニアを

古い防水シートの上から増し張りします。

12ミリのべニアを使います。

屋根は建物の重要な構造部分ですので

耐震ベニアで増し張りすることは建物の耐震強度を

上げる意味でも大切なことです。

下地のタルキに合わせてべニアを止めます。

写真では解りにくと思いますが、

防水シートを少し破って確認します。

下地を確認することはとても大切な作業です。

屋根のカバー工法の場合はこの確認作業が出来ません。

非常にもったいないです。

べニア作業中です。

屋根の先端から張りはじめます。

1階部分の屋根の作業中。

この日もとても暑かったです。

べニアを増し張りした後に、

防水シート(ルーフィング)を張ります。

ここまで終了すると雨が強く降っても大丈夫です。

少し安心しますね。

3日目からはいよいよ屋根材を張り込みます。

今回は日鉄住金(ニクス)のニスクカラーという

屋根材を使いました。

実はこの屋根材・・断熱効果もあります。

モスグリーンの艶消しを選びました。

ガルバ屋根材も屋根の鼻先から工事を始めます。

谷部分もきれいに収まります。

3日目の作業はここで終了。

一応、コーキングで雨が降っても雨水が屋根の下に

侵入しないようにしておきます。固い仕事です(笑))

4日目には2階の屋根は完全に終了しました。

1階屋根も4日目にほぼ終了。細かい作業が残りました。

棟の下地なんですが・・・木じゃないのです。

現在は樹脂を使います。

実は木製の下地ですと10年ぐらいで傷んで交換するのですが・・

樹脂ですと木製の3倍ぐらい耐久しるようです。

合計6日間で工事は終わりました。

お天気が心配な工事ですので時間を有効に使いたいです。

古い瓦の撤去や処分。

下地作成などなどすべてコミコミの金額です。

お選びする屋根材で一坪約40,000円から50,000円が平均的な予算です。

屋根の形で足場がなければ作業できない場合があり、

別途費用が掛かります。

外装塗り替えなどと同時に行う事で安く工事ができますね。

 

もしも外壁塗装のこと屋根工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!