こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っている

ソデノ建装のソデノです。

今回はご紹介する工事は、

カラーベスト屋根を軽い金属屋根に張り替える工事の紹介です

実はこのお宅3年前に

私が屋根を塗装しました。

その時からかなり状態が悪く、

葺き替えがいいですよと、

アドバイスしましたが、そ

の時は塗装で収めることになりました。

3年後私の予想は的中しました。

全体的に雨漏れして張替え工事となりました。

屋根の塗装3年後に雨漏り。スレート屋根から金属屋根へ葺き替え工事

 

この工事はすべてコミコミ(税別)で70万円でした。工事は約1週間で終わります。

メーカーや大手リフォーム会社は

既存の屋根をはがさない「カバー工法」を進めます。

屋根の処分費や工事費用が安くなるためですが・・・

僕はできるだけ屋根は軽く。

そして屋根の下を「目視して判断」する

絶好のチャンスで家屋根裏の

状態も一目で解るためにできるだけ

既存屋根は剥がして工事を行います。

また、カバー工法ですと上張りするために、

屋根全体の収まりが悪くなります。

また、下地骨組みに補強用の

べニアを打ち付ける事が難しいので

強度の面でも心配が残ります。

やはり、高い場所の屋根ですので、

最善の工法がいいと思います。

このように、

下地の木材まで腐っていました。

赤い線は「すみ出し」をした後。

このラインの下にタルキが走っています。

このラインに沿ってべニアを止めていきます。

確実な工法です。

今回は12ミリの構造用のべニアを

屋根の下地として使用します。

屋根屋さんはよく「ラーチ板」を使う方が多いのですが・・

ラーチは少し柔らかく、

材料自体の密度が低いカンジなので、

当社は通常のべニアを使います。

べニアを赤い線に合わせながら鉄砲という道具で止めます。

高圧のコンプレッサーから空気で釘を打ち込む道具です。

足に打ったら大変です(笑))

屋根の端、鼻先から工事を進めます。

この屋根の作業は時間との闘い。

屋根をはがしている訳ですので、

雨がふったら・・屋内は水びたし。

休まずに効率よく作業を進めます。

何とか、下地が完成しました。

下地が完成しましたので、

防水シートを張ります。

この防水シートを張ってしまえばとりあえず、

雨漏れはおきません。

板金のスペシャル職人。

野口さんと作業を行います。

余談ですが・・・野口さんは最近、お孫さんが生まれました。

本当にカワイイ女の子。野口さんもメロメロです(笑)))

防水シート作業が終わりました。

屋根の撤去から下地はり。

防水シート作業を1日で行います。

この日は気温も高く、

かなりハードな作業工程でした。

翌日、屋根の工事を行いました。

屋根の端からスタートします。

同時に雪止めも付けていきます。

屋根材の取付方法はインパクトドライバーを使い、

ビスで取り付けします。

一つ一つ手作業ですので少し時間がかかります。

屋根の谷部分は当然、

先に工事を進めます。

途中はこんなカンジです。

ガルバ屋根材の厚さは約0.35ミリ。

薄いですが割れる事はありません

。軽くて非常にいいです。この屋根材は遮断材です。

工事開始から約3日間で工事は完了しました。 

キレイな仕上がりです。

これで雨漏れや台風も安心ですね。

 

もしも外壁塗装のこと屋根工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!