メーカーのパンフレットにも掲載予定の金属サイディング工事

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回ご紹介する施工事例は、サイディング工事です。ローコスト住宅で外壁が薄いプラ製でした。ところどころ、水が浸入しそうな場所もあり、住んでいる方も心配していました。初めはベランダ補修工事でお見積もりしましたが最終的には外壁はすべて交換、ベランダも交換、雨どい交換、屋根塗装と大型の雪止めと大きな工事となりました。

総額230万円(税別)です。

今回はサイディングの選定にかなり迷いました。デザイン的に良い物は単価が高い。また、安価な物はデザインがよくない。予算的にどうする事も出来ないので安価なサイディングで工事する事で決まりました。しかし・・偶然ですがこのとき、ニチハから新製品が出ました。なかなかいい感じでした。単価は少し高いのです。ニチハの営業マンは是非使ってくださいとの事。しかし、受注金額が決まっていましたので困っていたら、詳しくはいえませんが協力して頂き、ほんの少しお客様のご負担でいいサイディングを使う事が出来ました。

まずは仮設足場を組立します。サイディング工事ですと「単管足場」では作業が出来ません。しっかりステージ(板)が付いている足場でないと両手を離しての作業が出来ません。当社はクサビ足場を1軒分持っていますので安価に足場を提供できます。既存のサイディングを剥がした状況です。新しく防水シートを貼ります。シートはしたから順番に貼っていきます。

防水シート作業が終わりましたら、サイディングを取り付ける下地(どうぶち)を付けます。これもビスで固定します。サイディングの厚さと窓枠やドアなどの厚みを考えながらどうぶちの厚さを決めます。

サイディングを貼り始める時、壁の1番下にあります「水切り金具」から作業を始めます。この金具は非常に大切な金具です。万が一、サイディングの下に雨水が入ってしました場合下に流れてこの金具が外に水を出す役目をしています。Uの形をしていますが、中に穴を開け加工して水切り金具の上に見切り金具を入れて金属サイディングを切った小口をカバーする工法で今回は収めます。

 

こんな感じで下からサイディングを貼っていきます。長さは約3mです。

どうしても取れない物、これは電気メーターですがくりぬいてサイディングを貼っていきます。新築より手間がかかります。

壁だけではなく、破風板なども当然補修しておきます。せっかく足場を組んでいますので出来ることはすべてやるのが当社の流儀です。

雨どいも今回交換します。耐久性の高いステンレスの金具を使います。かなり頑丈な部品です。最近新築でプラ製の雨どい受けを見ますが、紫外線などで7年ぐらいすると劣化すると思います。やはり金属は丈夫ですね。赤い線は雨水が上手く流れるように角度を付けるのです。

こんな感じで雨どいを取付ました。金具も多めに取付。この金具1個400円もするのです(笑)) プラ製は150円です。

屋根は塗装をして、ステンレスの雪止めを付けました。この雪止めにはご主人様が大喜びでした。

サイディング工事も順調に進みます。

サイディング外壁の最大の弱点、それはサイディングとサイディングの間に入れるコーキングです。このコーキングが10年耐久しないのでサイディングは大丈夫でもコーキングをやり直さないとダメになってしまいます。今回はこのスキマに金具を入れてコーキングを使わないタイプ(積水ハウスなど多い)を使いましたが・・・高橋が「念の為に入れましょう」って言い出しました(笑))ほんの数ミリですがコーキング入れました。劣化しても問題ないですね。

外壁工事、屋根工事は完了しました。約3週間の工事でした。

ここから、ベランダ工事を行います。規正のベランダを使います。アルミ製ですので耐久はいいです。また、床が隙間なくひきつめるので玄関の屋根にもなります。

きれいですね。既存のベランダより大きくなりました。

完成しました。約3週間の工事でした。本当にキレイになりお客様も大変満足だとお言葉を頂きました。そうそう、メーカーもこの製品を始めて納めたらしく後日、メーカーが撮影していきました(笑))話ではカタログ掲載されるって言っていました。

もしも外壁塗装のことサイディング工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!