お客様から頂いたイメージをどこまで再現できるか?工事費用は100万円。

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に

塗装工事やリフォーム工事を行っている

ソデノ建装のソデノです。

今回ご紹介する工事は、

新築の外溝(お庭や駐車場、フェンスなど)の工事です。

奥様やご主人様もお庭にこだわりを

持っている方でご自分でイメージを

簡単な図面にしてお話しが始まりました。

また、イメージに合う写真を沢山頂きました。

言葉でなく、写真やイラストを頂くと、

お互いのイメージが共有できます。

例えば、同じ「赤色」でも

「朱色」もあれば「茜色」

などもあり言葉でだけでは伝わりません。

当社では多くの写真などの資料をお客様から頂き、

私とお客様と施工者が同じ方向を向けるようにします。

同じ方向を向いて作業しますと、

イメージあった工事が可能となりますし、

細かい現場での微調整も可能です。

頂いたイメージ図面です。

頂いた、イメージにあわせて、

私が材料を選びました。

ここで大切なのが「石材やタイル」など

カタログで選ぶだけでなく、

実際の物をサンプルで確認することが大切です。

特に石材は質感が大切です。

輸入品ですと妙に安っぽい物があったり、

厚みが不均等であったり、

粗悪だったり。

また、カタログの写真は濡らして撮影している事もあり、

色合いがまったく違うこともありますので、

サンプルは無料ですので、

ぜひ参考にしてください。

今回の現場は「エスビック」

という国内メーカーが取り扱っている

アースクオーツを使いました。

色はわざわざ、

3種類を購入して大きさも

2種類使ってランダムな自然な感じにしてみました。

石の雰囲気はこのようなカンジで収めました。

駐車場のために石の下はコンクリートで

固め車が乗っても大丈夫な仕様です。

このお宅は坂道にあるために

かなりきつい勾配(角度)がありました。

雨水が宅内に入らないようにすることも大切です。

板を使ってコンクリートと花壇の部分を分けました。

将来的には芝やクローバーなどを

植えると良い感じだと私は思います。

コンクリートの角を丸くしました。

余った石でアクセントを作りました。

このアクセントはサンプルで頂いた石もありました。

右に見える木はハードウッドウリン材に表札と照明を付けました。

こんな雰囲気なお庭になりました。

かなりイメージに近いと思います(笑)

ここまでの作業は約1週間でした。

コンクリートが固まり板を取り外します。

写真ではご紹介していませんが、

家の3方向にワイヤー型のフェンス。

家の周りには防草シートと白色砕石で雑草防止です。

手前のフェンスは当社お得意の

バリューフェンスを使いました。

輸入品です。

国内メーカーの半額だと思います。

正直、品質(細かい寸法)など

雑なところもありますが

本体は30年保障でかなり頑丈です。

ここのブロックの上にフェンスを付けます。

こんなカンジでフェンスを組立て行きます。

このフェンスの組立は簡単です。

柱の中にコンクリートを詰めて固定します。

もちろん10ミリの鉄筋も入っていますのでかなり丈夫ですね。

コンクリートをしっかり「まんべんなく」詰めていきます。

ゴムハンマーで叩きながら作業を進めます。

ほぼ完成してきました。

そして、お客様が緑を植えました。

とても良い感じのお庭だと思います。

イメージと比べてください。

フェンスは1日で取り付け完了しています。

 

 

もしも外壁塗装のことで外溝工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!