輸入住宅系にあった外溝工事&デッキ工事

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っている

ソデノ建装のソデノです。

今回ご紹介するのは新築購入後の外溝工事です。

こちらのお宅は輸入住宅系です。

この家の雰囲気を壊さないように、

また予算もなるべくかからないようにと

お客様からご注文頂きました。

実はこちらのハウスメーカーの外溝工事を

当社は多く取り扱っていますので、

少し自信がありますね(笑))

この工事の価格は税別98万円です。工事は約2週間でした。

 

ご主人様とお子様が見守る中、

土間コンクリート工事が完了しました。

この工事の前にブロック工事や

機能門柱工事が終わっています。

すべて白いコンクリートだと

寂しいのでワンポイントで乱張石を入れてみました。

この石材は家に余っていたものだったので

今回はサービス工事で入れさせていただきました。

こんなカンジで両脇に石材を入れました。

しかし・・まだまだ、カッコよくないですね。

これからここに当社の得意工事

「バリューフェンス」を取り付けます。

今回も特別にバリューフェンス社長の近江さんが、

カッコいいトラックで配達してくれました。

近江さんいつもありがとうです。

取付位置とフェンスの配分の打ち合わせです。

当社はバリューフェンスさんに毎回、

特注でフェンスを作っていただいています。

金額は通常料金です。

ですのでフェンスが短くなったり、

柱の位置が変わったりする事はありません。

デメリットとして毎回、

海外への発注ですので納期が3週間以上かかります。

まずは、柱を立てます。

柱の中はコンクリートと

鉄筋で固定します。

工事後1日は触らないようにお願いします。

組みあがりました。

小さなお子さんがいますので、

フェンスを乗り越えられないように

高さ1,2mにしました。

これは私からの提案です。大人でも1.2mを

乗り越えるには苦労します。

余談ですが門扉なども1.2mのほうが防犯上良いと思いますよ。

正面から見るとこんな感じです。

なかなかいい雰囲気になってきました。

玄関にも同じフェンスを取り付けしました。

ここからデッキ工事を始めます。

今回は予算の都合上、

ソフトウッドを使ったデッキとしました。

ソフトウッドの場合、耐久は7年から10年です。

どうですか?良いカンジですよね。

玄関の手すりもバリューフェンスで特注しました。

デッキ完成です。

ゲートは量販店で売っている物を使いました。

そうそう、フェンスの1番上のスキマが大きいのは・・・

子供が覗けるように工夫しました。

 

もしも外壁塗装のことで外溝工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!