予算は100万。外溝工事の秘訣

こんにちは。
八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っている

ソデノ建装のソデノです。

今回ご紹介するのは新築購入後の外溝工事です。

ご予算100万円って方は多いと思います。

車2台分の駐車場と機能門柱、

ちょっとした装飾でしたら問題なく100万円で

工事が可能だと思います。

今回も100円コースの外溝工事をご紹介いたします。

工事は約1週間で終了。機能門柱と取り付けは含まず、工事金額は税別90万円です。

建物西側の駐車場です。

奥まで土間コンクリートにする事になりました。

写真では解かり難いですが、

奥に行けば行くほど土の高さがあがっています。

建築用語で言いますとGLより土が高い状態です。

このままですと水はけも悪くなると思われます。

建物とGL(土の高さ)を

基準値に戻るまで土を取り除きます。

ここは広い場所ですので

機械で掘削できますが、

奥は手作業で土を出します。

3トンダンプですが、

このダンプで8台の残土が出ました。

土は掘り起こすことで倍の数量に変わります。

時々、「残土ってそんなに出るの?」

とご質問されるお客さんがいます。

実際の工事を見て頂くと良くご理解いただけると思います。

だいぶ、低くなりましたが・・

雑草が生えているとことはこれから手作業で残土を出します。

手作業で掘り出した後です。

かなり疲れましたね。

手前の白い石はコンクリート下地の砕石です。

約5センチの厚さで砕石を入れます。

残土も搬出して、砕石も入れました。

割れ防止の溝を入れる為の木枠作業も完了しました。

これから土間コンクリート作業に入ります。

生コン車が到着しました。

ネコと呼ばれる1輪車で生コンを運びます。

結構重いですよ。

奥の端から生コンを流して行きます。

写真を見て頂くと解かりますが、

生コンの厚さ、10センチ以上ある感じですね。

当然割れ防止の金属メッシュも入れてあります。

玄関横は土がこぼれないように

土留めブロックをつけました。

完成しました。

手前の黒い砂利は役所から指示が出ているセットバック。

前面道路を4mにする為に下がって

家を建てなければいけない所です。

割れ防止の溝の中には黒い石を入れました。

黒色が好きなご主人の希望です。

実はご主人様も職人の方で、

インターホン、機能門柱はご自分で工事をして頂きました。

大変助かりました。

 

もしも外壁塗装のことで外溝工事のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!