サイディングのコーキングってなに?

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回はサイディング塗装でよく聞きます「コーキング」についてご説明します。そもそも、このコーキングって何であるのでしょうか?サイディング材は縦40センチ。横3mぐらいの大きさが一般的です。縦のつなぎ目はさね加工(しっかり重なる)してありますので問題ありませんが、横はこのさね加工がありませんのでどうしてもつなぎ目はコーキングを入れる。もしくはキャップみたいな物で覆う作業が必要になってきます。そこに亀裂が入ったり、割れてくると水が入ります。雨水が入ることが1番心配なのです。

古いコーキングの撤去作業

古くなったコーキングをカッターなどを使って取り除きます。外壁面にある縦の目地等は特に紫外線の影響でコーキングがが劣化しやすいので、古いコーキングは一度撤去して新しいコーキングを入れます、これをコーキングの打ち変えと言います。コーキングは窓やドア周りにもありますが、窓回り、入り隅等のコーキングを撤去すると逆に雨漏りの原因になるものがあります、撤去をしない方が良い部分でコーキングに覆われている所などは古いコーキングの上から接着剤を塗った後に、新しいコーキング工事を行います。これをコーキング打ち増し工事といいます。写真はコーキングがはみ出してもキレイになるようにテープで養生している写真です。

 

 

プライマー(接着剤)作業

古いコーキングを撤去が終わり、テープ養生作業後にプライマー作業に入ります。このプライマーは接着剤みたいなもので新しいコーキングがよく付きます。地味な作業ですがこの工程も非常に大切です。乾いた後に新しいコーキングを入れて行きます。

新しくコーキングを入れる作業

IMGP1834

プライマー作業が終わりましたら、新しいコーキングを入れていきます。コーキングガンって道具を使って作業します。使うコーキングは変性コーキングを使います。この変性コーキングは塗料との相性がいいので、塗料のはがれにくいコーキングです。

コーキングを平にする作業

IMGP1591

目地からはみ出しているコーキングをへらで平にします。また、目地の奥までコーキングを押し込み、隙間をなくして、雨水を進入させない役割を持たせます。コーキングが乾く前に養生テープを剥がし、コーキング作業は完了です。コーキングは、痩せ、変形、軟化、変色、ヒビ割れ、剥離、破断などの劣化症状があります。劣化の原因は様々ですが、太陽光を浴びたり、雨風に晒されたり、地震の時に建物が揺れる時に力が加わるなどの原因で劣化していきます。

シーリングが劣化したまま放置しておくと、最悪の場合、建物内部にも影響を与える事になります。ご参考にどうぞ。

 

 

もしも外壁塗装のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料