外壁補修の種類と方法のご紹介

こんにちは。kowa

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事やリフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。今回は外壁にヒビや亀裂、はがれなどを補修する方法をお知らせします。塗装だけでは直せない工事のご紹介です。正しい方法で痛んだ場所を補修することで外壁や屋根も長持ちします。

破風板の補修

下の写真をしてください。破風板(水色の部分)の塗装がかなりはがれています。塗装専門店はケレン(ヤスリでこすってはがれを落とす作業)して塗装しますが、木部は高耐久な塗料を使っても5年~7年ぐらいではがれなどおこします。いい塗料では防ぐことが出来ません。当社ではケイカル板(白い材料)を破風板に接着材とビスで取り付け塗装します。この様に、塗装ではどうする事も出来ない症状と修理方法をお知らせします。

 

コンクリートの補修(RC構造)

なんだかの原因で鉄筋が錆びて、コンクリートを内部から破裂させて様な箇所。弱くなった部分は全て取り除き、特殊な接着剤を塗り、モルタルで補修します。

モルタル保守が終わった写真です。

今回の現場は、外壁塗装をする事になっていましたので、全体塗装しました。少し柄は違いますが、いい感じで仕上がりました。

モルタル壁クラック(ひび割れ)補修

写真のように、5ミリ以下のひび割れ補修です。あくまでもモルタル壁の補修です。モルタルの下、ベニアなどから割れている場合はもっと大掛かりな工事になります。写真のようなひび割れですと、下塗り材で十分補修できる場合もあります。

写真の様に、変性コーキングで補修する場合もあります。この場合は多少、柄が違って目立つ場合もあります。

木部補修

木部ベランダの痛んだ写真です。この様な場合は痛んだ箇所を全て撤去して、新しくベランダ外壁をやり直します。

耐久性を考えて、金属外壁を使いました。もちろん、防水シートなども新しくします。

 

補修工事のまとめ

外壁補修と言っても色々あり、個々で全てを紹介できません。痛んだ箇所によって、補修方法も違ってきます。外壁が傷んでご心配な場合は、建物の構造などを知っていて、色々な経験がある業者に相談した方が私はいいと思います。外壁などを補修する場合は必ず、工事前に見積もりを取って、工事内容を確認してください。また、外壁等を補修する職人と塗装する職人が違う場合が多いです(当社は同じです)塗料の付が悪い材料を使ったり、塗装に向いていない材料を使う場合にもご注意下さい。監督や現場責任者の人に確認してみましょう。

 

 

 

もしも外壁塗装のことでお困りのことやご相談したいことがあれば、いつでもお気軽にご連絡ください。相談・見積・下見・プラン全て無料です!