フローリングのリフォーム工事と費用のご紹介

こんにちは。

八王子や町田、相模原を中心に塗装工事や

リフォーム工事を行っているソデノ建装のソデノです。

今回はフローリングのリフォーム工事をご紹介します。

ちょっと前の住宅の床は厚さ約12ミリが主流でしたので

人が通る動線箇所では

床が「ふにゃふにゃ」になる症状が多く見受けられます。

そんな時、どの様にリフォームすればいいのでしょうか?

まずは補強する

フローリングのリフォーム工事は

既存フローリングを剥がさず壊さず、

お使いの床の上に新しいフローリングを

増し張り(2重にフローリングを貼る)します。

この方法のメリットは

費用が安くなる

工事時間が早い

この2点が最大の理由です。

では、「ふにゃふにゃ」の部分はどの様にするのでしょうか?

べニアで補強します。

補強しないと・・新しいフローリングだけでは

また、動線の上が「ふにゃふにゃ」になります。

現在の新築の床は厚さが約24ミリですので

かなり頑丈です。新築と同じ仕様にすることで

長く使えると私は考えています。

しかし・・

ここで、問題があります。

増し張り(2重張り)すると

現在の床が24ミリ高くなるってことです。

ですので・・・

ドアの位置、部屋と廊下などの仕切りを

確認します。

写真の現場は仕切りが26ミリほどありましたの

部屋全体を12ミリのべニアで補強しました。

もし、12ミリしかなかった場合は

傷んだ部分を補強して

新しいフローリングを貼っていきます。

バリアフリーになる・部屋の段差がなくなる

増し張り(2重張り)の利点として

部屋の段差がなくなる。少なくなる事があります。

仕切りの高さと床の高さが同じになりますので

バリアフリーになる場合が多くあります。

また、各部屋、トイレ・洗面なども

床を増し張りすることで

ご自宅全体がバリアフリーになります。

そして、いっぺんに工事しなくても

一部屋一部屋することも可能ですので

お財布にも安心だと思います。

フローリング工事の費用

一般的なフローリング材料価格が

1㎡で6,000円~7,000円。

工事費用が1㎡3,000円です。

1㎡で10,000円ほどですので、

6畳のお部屋ですと約10㎡で10万円

8畳のお部屋ですと、約12㎡で12万円が

目安の金額です。補強は別途費用が掛かりますが

今回ご紹介した、全体をべニアで補強した場合で約2万円。

和室をフローリングにする場合は

別途㎡3,000円(畳処分含まず)掛かります。

ご参考にどうぞ。